サイトマップ プライバシーポリシー
ホーム 会社案内 サービス案内 採用情報 お問い合せ
サービス案内
ホーム > サービス案内
サービス一覧

■こちらもご覧下さい■

■顕微鏡修理■
顕微鏡光源のLED化・修理調整・分解掃除・特注LED光源

■DP70/DP71 顕微鏡デジタルカメラ・パソコンの修理■
DP70[DP70-WPCXP] / DP71[DP71-WPCXP]のぺージへ

■DXM1200C 顕微鏡デジタルカメラ・パソコンの修理■
DXM1200Cのぺージへ

■顕微鏡標本販売■
顕微鏡プレパラート標本の販売
詳細>A200-基礎科学研究用顕微鏡プレパラート・英語版
詳細>B100-人体標本[正常組織・基本]顕微鏡プレパラート・英語版
詳細>C050-人体標本[正常組織・ミニ]顕微鏡プレパラート・英語版
詳細>D100-人体標本[病理組織・上巻]顕微鏡プレパラート・英語版
詳細>E100-人体標本[病理組織・下巻]顕微鏡プレパラート・英語版
詳細>F028-上皮組織・結合組織[基本]顕微鏡プレパラート・英語版
  
■DIY感覚で顕微鏡の修理[自分で修理するコーナ]■
DIY感覚で顕微鏡分解掃除・Nikon[SMZ]
DIY感覚で顕微鏡分解掃除・Nikon[OPTIPHOTO]
DIY感覚で顕微鏡分解掃除・OLYMPUS[BH-2]
DIY感覚で顕微鏡分解掃除・OLYMPUS[CH][CH-2]

■DIY感覚で顕微鏡写真撮影[簡単に安く撮影するコーナ]■
DIY感覚で顕微鏡写真撮影・簡単安価な方法

■新品WindowsXPパソコン販売・再生WindowsXPパソコン販売■
WindowsXP/7パソコンの作成・販売
DIY感覚で新品WindowsXPノートパソコンを自分で作成



所在地
〒216-0033
川崎市宮前区宮崎3-6-18
株式会社マイクロサイバー
TEL:050-7537-8602
FAX:050-7537-8602
http://www.micro-cyber.com/

お問い合せはこちらから



■[修理例-1]:ノートPCのDC電源修理■


AC⇒DC電源ケーブル先端が本体から抜けないノートPCで、

本人に確認したらノートと電源をボンドで止めたとの事・・・恐ろしい・・・

ボンドは電気が通るので、このままだとショートします。最悪発火する事もあり。



IMG_1842.jpg
右下の電源をボンドで止め、さらに無理にはがしたそうです



IMG_1844.jpg
DC端子がノート電源にささったままで抜けません



IMG_1849.jpg
分解をはじめたら、CPUファンもひどい状態



IMG_1856.jpg
ノートはキーパネル・基盤・裏パネルの3層構造、簡単には分解できません



IMG_1864.jpg
IMG_1869.jpg
ボンドで止めた電源金具を外し、DC電源ケーブルを露出、
あとはハンダで電源とノートDCけケーブルを直結。

家電店なら必ずメーカ修理となり、多額の費用を見積もられます
お客様の希望で、費用をかけたく無いとの事でしたので、ハンダ修理で回復しました
ついでにCPUファンも掃除しました




IMG_1869.jpg
このノートは、電源も不良、常時ONになります

調べたら、上の写真(電源ボタンの裏側)のとおりプラスチッツクパネルが浮いてます
プラスチックは圧着接続(とれない)のため、中央の「+」の頭をヤスリでけずりました

Vistaはシャットダウンが遅いので、電源ボタンでパソコン電源を切ってたみたい
素人は恐ろしい!!!



手荒な修理ですが、PC所有はブラジルの方で、安く修理したので喜んでました

ページトップ
Copyright(C) 1985-2017 MicroCyber CO.,LTD.