サイトマップ プライバシーポリシー
ホーム 会社案内 サービス案内 採用情報 お問い合せ
サービス案内
ホーム > サービス案内
サービス一覧

顕微鏡光源のLED化例
【特注品を含む】



旧型顕微鏡LED化
偏光顕微鏡LED化
Leica LED化

高輝度ハロゲンのLED化
水銀灯のLED化



■説明■

顕微鏡光源のLED化例です。

高輝度ハロゲンのLED化・水銀灯のLED化は新商品になります。



■こちらもご覧下さい■

顕微鏡修理■
微鏡光源のLED化・修理調整・分解掃除・特注LED光源

<2022-01-01 追加>
顕微鏡光源のLED化例・Leica・高輝度ハロゲン・高輝度水銀灯等

■DP70/DP71 顕微鏡デジタルカメラ・パソコンの修理■
DP70[DP70-WPCXP] / DP71[DP71-WPCXP]のぺージへ

■DXM1200C 顕微鏡デジタルカメラ・パソコンの修理■
DXM1200Cのぺージへ

■顕微鏡標本販売■
顕微鏡プレパラート標本の販売
詳細>A200-基礎科学研究用顕微鏡プレパラート・英語版
詳細>H100-基礎科学入門用顕微鏡プレパラート・英語版
詳細>B100-人体標本[正常組織・基本]顕微鏡プレパラート・英語版
詳細>C050-人体標本[正常組織・ミニ]顕微鏡プレパラート・英語版
詳細>D100-人体標本[病理組織・上巻]顕微鏡プレパラート・英語版
詳細>E100-人体標本[病理組織・下巻]顕微鏡プレパラート・英語版
詳細>F028-上皮組織・結合組織[基本]顕微鏡プレパラート・英語版
<2022-01-01 追加>
L100-メディカル寄生虫学研究用顕微鏡プレパラート・英語版

<2022-01-01 追加>
■i2Labo[アイツーラボ] 開発商品の案内]■
オリジナル書籍・カメラ修理教科書(日本版)

■DIY感覚で顕微鏡の修理[自分で修理するコーナ]■
DIY感覚で顕微鏡分解掃除・Nikon[SMZ]
DIY感覚で顕微鏡分解掃除・Nikon[OPTIPHOTO]
DIY感覚で顕微鏡分解掃除・OLYMPUS[BH-2]
DIY感覚で顕微鏡分解掃除・OLYMPUS[CH][CH-2]

■DIY感覚で顕微鏡写真撮影[簡単に安く撮影するコーナ]■
DIY感覚で顕微鏡写真撮影・簡単安価な方法

■新品WindowsXPパソコン販売・再生WindowsXPパソコン販売■
iWindowsXP/7パソコンの作成・販売
DIY感覚で新品WindowsXPノートパソコンを自分で作成


所在地
〒216-0033
川崎市宮前区宮崎3-6-18
株式会社マイクロサイバー
TEL:044-385-3990
FAX:044-385-3990
http://www.micro-cyber.com

年中無休10:00〜19:00。ただし外出してる場合があり、TEL後ご来店ください。
お問い合せはこちらから




旧型顕微鏡のLED化-1


上記付属専用電源


旧型顕微鏡のLED化-2


旧型顕微鏡のLED化-3[Olympus BH]


旧型顕微鏡のLED化-4[LED化前ですが、この型もLED化できます]





Olympus BH-2[BHS]のLED化


Olympus BH-2[BHS]、ランプハウスのLED


Olympus BH-2[BHS]LED化、簡単な説明が付属します(以下は例)





Nikon OPTIPHOTO-2のLED化[落傾照明の例]


Nikon OPTIPHOTO-2[透過照明の例]、ランプハウスの外し方
オーバホール不要の場合ランプハウスのみ送付頂きます、以下は透過照明の外し方


Nikon OPTIPHOTO-2、LED化済みランプハウス





Nikon OPTIPHOTO-POL偏光顕微鏡のLED化





Nikon LABOPHOTO・生物顕微鏡のLED化





Nikon YST-2 改造前ハロゲンランプ


Nikon YS2-T LED化
ランプハウスにLEDを取り付け、カバーをヒートシンクに変更します


Nikon YS2-T LED化、簡単な説明が付属します(以下は例)





Olympus BX50 オーバホール、作業完了報告


Olympus BX50 オーバホール、注意事項(サンプル)





Olympus IX70


Olympus IX70のLED化は、以下ランプハウスのみ送付下さい


Olympus IX70 LED化光源、LED化電源(調光)





Leica DMR 大型顕微鏡、メーカ修理終了品
光源のLED化希望




Leica DMR ハロゲンランプ


Leica DMR 光源のLED化、作業完了報告書 1/2

Leica DMR 光源のLED化、作業完了報告書 2/2





Leica CLS 150 MR・光源LED化特注
上部の光源からファイバーケーブル経由で下の実体顕微鏡に光を送る形式
メーカ修理終了品


光源のLED化希望で
光源BOXのみ送付依頼


電源BOXからファイバーで光を送るタイプなので、内部を改造
1号機は光量の不足のため、2号機の改造部分を示す


上の電源BOXから不要部品を取り出しました
Leicaオリジナルハロゲン電源回路


作業完了報告書
内部がせまくこのケースで冷却可能最大LEDを取り付け
実用レベルの照度が出る事をユーザ様確認





Nikon 万能投影機 V12のLED化希望です
この装置はハロゲン150Wを2灯使用しており
LED及び電源(調光機)も特注対応になります
※サイズ測定にランプハウス送付頂く必用があります




ハロゲン150W下部電源使用状態


ハロゲン150W上部電源使用状態

ランプハウスのハロゲン電球


150Wハロゲン対応 LEDの取付方法(下部の例)


ハロゲン150Wx上部下部2箇所を、LEDx2に交換


万能投影機用超高輝度LEDの仕様


万能投影機用専用電源





Nikon Optiphoto HPD
高感度偏光・微分干渉顕微鏡
水銀ランプのLED化


光源はハロゲンより明るい
超高圧水銀ランプ・100Wを使用


可視光の波長は380-780nm


上段が可視光の波長
下段が水銀ランプの波長、可視光以外に
紫外線・赤外線も出てる、470nm(青)にピークがある


上段が可視光の波長
下段が超高輝度LEDの波長、可視光範囲で
紫外線・赤外線は出ない
440nm(青)、510nm(緑)にピークがありる
水銀ランプと高輝度LEDの波形は異なる


超高輝度LED化したランプハウス
後面に放熱板とファンが付属、LEDでも冷却が必要になる
LEDは水銀ランプの約2倍まで照度が出るが
照度を上げすぎるとファンの振動が顕微鏡に伝わり
ピンボケの様な症状が出るため、最大照度を調整してある


完了報告


Nion OPtiphoto HPDでの撮影-1
水銀ランプと超高輝度LEDでは光の質が異なり、ユーザが最終確認をしました






水銀ランプの超高輝度LED変更で問題なく使用可能でした

END


ページトップ
Copyright(C) 1985-2015 MicroCyber CO.,LTD.